卵殻膜

卵殻膜ってホントに不思議!※仰天のエピソードをたくさん収集しました

割ってある生卵

 

ここでは、ビューティーオープナーの主成分と言える卵殻膜に関して、その詳細を紹介していきます。

 

卵殻膜とは何なのか?

 

まず卵殻膜について説明すると、卵の内側部分に張り付いている薄い膜のことを指す言葉です。

 

最近では、卵殻膜の持っている神秘的なパワーを活用した商品開発が盛んに行われています。

 

卵と雛鳥の関係

 

改めて考えると、親鳥は卵を産んでしばらくの間、ただ卵を温めるだけで雛鳥が生まれてきます

 

卵を温めるだけで雛鳥が誕生するというのは、本当に神秘的な現象と言えます。

 

ですが、雛鳥の誕生というのは鳥類が地球上に出現してからずっと、当たり前の様に無数に繰り返されている現象なのです。

 

卵は外界の大気中に存在する上に、天候の変化にも晒された状態で環境が変化にも耐えなくてはいけません。

 

衛生面を見ても赤ん坊が育つ為には適さない環境の場合も多いのです。

 

そんな生まれる前のか弱い生命にとって、とても過酷な状況下で雛鳥は卵の殻を破って生まれてきます。

 

その点を改めて考えると、雛鳥の誕生は驚くばかりです。

 

ビックリする程生命力が強いということが出来るでしょう。

 

卵殻膜が持っている神秘的なパワー

 

人間を例に挙げると胎児と母親はへその緒で繋がっていて、胎児に対しては母体から常に直接栄養が提供されています。

 

それに対して、卵の場合はそんな繋がりが一切ないので、卵自体に雛鳥を成長させるだけのパワーがあると言えます。

 

中でも注目されているのが、卵の内側に存在する卵殻膜で、0.07mmと非常に薄い膜なのに殻の内側部分にきちんと張りつき雛鳥を包み込んでいます。

 

そして外部からの有害な微生物から雛鳥をきちんと守る効果を担っているのです。

 

さらに雛鳥は卵の中で成長する期間に、およそ100億の細胞を増殖させる機能があります。

 

そして雛鳥の生命を維持して発育を促し、卵を破って外に飛び出すまでずっと機能していることが最近の研究で判明しました。

 

卵殻膜の主成分は?

 

卵殻膜の主成分はアミノ酸の18種類のタンパク質と言えます。

 

卵殻膜のタンパク質の組成は人の髪、肌と似ていて、さらにコラーゲン、ヒアルロン酸も含んでいるので、地球上に唯一の素材となります。

 

卵殻膜はこれからも期待できる素材です。

 

ここまでの説明を読んでどう思いましたか?

 

卵殻膜は画期的とも言えるパワーがある素材で、今後も人類の健康、美容の為に盛んに研究が続けられるでしょう。

 

卵殻膜の美容効果については次のページに掲載していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

.

TOPへ