卵殻膜 NHK

卵殻膜がNHKでも放送!?※出演者にはプロレスラーも!

テレビの撮影風景

 

卵殻膜についての番組をNHKで放送したことがあるそうです。

 

今回の記事では、過去にNHKで放送された卵殻膜についての番組を紹介します。

 

NHKの卵殻膜について放送した番組

 

卵殻膜についてNHKで放送したのは「マサカメTV」というタイトルの番組です。

 

この番組の始まり部分は?

 

最初に世界ヘビー級チャンピオンであるプロレスラーの佐藤耕平さんが出てきて、「プロレスと卵には意外な関係がある」といった内容を話し始めました。

 

その次にお笑い芸人の2人が出てきて、プロレスと卵の関りについて調べにプロレス選手のいる寮に行く、といった感じで始まりました。

 

卵殻膜についての放送内容は?

 

初めのテーマで、プロレスラーが試合の際に卵を使用することがあるが、その使用方法は?といったクイズ形式で放送されました。

 

このNHKの番組のVTRに出ていたプロレスラーの方が教えてくれた回答が、試合中に負傷した傷に卵殻膜を絆創膏の代わりに張り付けるということでした。

 

プロレスラーの方も、卵殻膜を貼り付けると傷がとても早く治ると言っていました。

 

 

有名な東大の先生も出てきて…

 

次にビューティーオープナーの共同研究にも関わっている、東大名誉教授の跡見先生も登場しました。

 

卵殻膜について下記のような2つのことを番組でおっしゃっていました。

 

1.傷の治りがとても早い

 

2.早いだけではなく傷の治り方がキレイ

 

卵殻膜は細かい網の目状のような形状をしていて、空気は通すのに水は通さない作用があるため、自然の絆創膏として使用することができるそうなのです。

 

東大の先生も認めている作用なので、卵殻膜の持つ作用はやはりすごいことが分かりますよね。

 

その後の番組の内容

 

その後の番組の内容は、好きな卵料理についてゲストの林家三平さんがトークしたり、茹で卵のおもしろい作り方を紹介したりされていました。

 

他には、ストッキングに卵を入れ振り回してから茹でると、白身と黄味が逆転した茹で卵が完成するといった内容が放送されました。

 

卵殻膜の有名な効果

 

いかがでしたでしょうか。

 

番組の後半部分は卵殻膜とはあまり関わりのない話でしたが、東大の先生が出ていたこともあり卵殻膜の効果がしっかりと伝わったような番組でした。

 

やはりNHKなので、成分の説明を詳細に行っていたなと個人的に思いました。

 

番組の中でも紹介されていた、3型コラーゲンを手助けする美容液が有名なビューティーオープナーです。

 

公式サイトだと初回分のみのお試しもできますから、気になった方は確認してみてください。

 

>>初回65%OFFでお試しできる安心の公式サイトはコチラ

 

.

TOPへ